So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ「加計学園」いよいよ佳境に [政治・雑感なぞ]

バカなタイトルをつけた。

政治の世界を取り扱ったミステリー・ドラマでもあるなら、面白がってもいられようが、現実の出来事で、今、われわれの住む国に生じている問題である。

「加計学園」誘致のために、今治市の議員たちに一人あたり1000万円が配られていたという。

その点、田中龍作が7月28に自分のサイトで「誘致に反対しないようにと市議会議員13人に1人当たり1,000万円」と、報じていたが、本日「日刊ゲンダイ・デジタル」にも出てきた。

【今治発】市民「加計学園からカネをもらっていない議員は立って下さい」2017年7月28日 23:30
http://tanakaryusaku.jp/2017/07/00016388

加計問題で市議会への「買収疑惑」浮上…議員1人1000万円
2017年8月1日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210535/1
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210535/2
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210535/3

もはや、加計孝太郎氏の証人喚問は、是非なく必要なことであるにちがいない。


雲隠れをきめこんでいる加計孝太郎氏を証人喚問せずして、加計学園認可のプロセスに「一点のクモリもない」と公言する安倍首相のオツム(脳みそ)には驚かざるをえない。

また、その首相が、内閣改造で「人心一新」できると思っていることにも驚きを禁じ得ない 。

オドロキ、モモノキ、サンショノキ というやつである。


もっとも、そのように、首相が信じたい気持ちはわからないでもない。加計氏を証人喚問して、すべてがツマビラカニなるなら、首相自身、オトモダチたち、自民党政権、政権に依存してきたモロモロが吹っ飛ぶ事態に発展する。

それを防ぐには、ウソをつき、誤魔化しつづけるしかない。


加計学園に関する閉会中審査、漫才よりもオモシロイ・・・
http://bookend.blog.so-net.ne.jp/2017-07-28-1

嘘の心理学 (クロスロード・パーソナリティ・シリーズ)

嘘の心理学 (クロスロード・パーソナリティ・シリーズ)




文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

  • 作者: M・スコット・ペック
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2011/08/05
  • メディア: 文庫



トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トラックバック 0