So-net無料ブログ作成

8000m峰 全山登頂した竹内洋岳・講演(NHKラジオ『わたしの挑戦』から) [スポーツなぞ]

昼食をとりながら、MDに収録してある、8000メートル峰14座を登頂した竹内洋岳の講演を聞いた。

それはNHKラジオ『人間を考える わたしの挑戦』という番組。そこで竹内は、「昨年5月に14座登頂を果たした」と紹介されている。

竹内洋岳
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E6%B4%8B%E5%B2%B3

なんとなく引っぱり出して聞いただけなのだが、考えると明日は『山の日』である。やはり無意識・潜在意識はちゃんと発動しているもようである。

講演では、ガッシャブルム2峰に挑戦したとき、雪崩に巻き込まれた経験がなまなましく語られる。脊椎骨折手術とリハビリの後、1年後に再度挑戦し成功する。

(ガッシャブルム2峰への挑戦と事故のもようは、以下のユーチューブに紹介されている)
竹内洋岳 ガッシャブルムⅡ峰 8035m
mtsy2012 の投稿による
https://www.youtube.com/watch?v=PrqMszmyM08


講演の最後は以下のようなもの。「中島さん」とは、チームメイト中島健郎のこと。

(以下、講演末尾を、文字起こししたもの)

************

この登山、たしかに頂上の立ったのは、私ひとりだったかもしれません。だけど、あの頂上は中島さんと分かち合った頂上でした。中島さんといういいパートナーに恵まれた。わたしにとっては最高のチーム登山でした。

私は、それでたしかに日本人初の14座登頂者になるわけですけども、まあこの14座、いまお話を聞いていただいて分かると思いますが、これは決して私ひとりで到達したものではないんですね。これまで山登りをはじめて出会った人のひとりもが欠けたら、おそらく14座には登れなかったでしょうし、そもそもここに居なかったかもしれないわけです。

これから私が何をするかというと、わたしはこれまでと同じように山を登りつづけていく。自分のからだを使って、どこまで山登りをしていけるかどうかというのを、これから試していく。それが、わたし、プロ登山家の役割。そして今日、私の話を聞いてくださった皆さんは、わたしがどこまで山を登り続けていけるかどうかを見届けるという役割を担って欲しいわけです。

ですから、これから、私がどこに向かっていくか、何をしていくか、皆さんにはぜひ楽しみにして欲しいと思います。

ご清聴ありがとうございました。



世界の名峰 グレートサミッツ 8000m 全山登頂 ~登山家・竹内洋岳~ [DVD]

世界の名峰 グレートサミッツ 8000m 全山登頂 ~登山家・竹内洋岳~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD




共通テーマ:日記・雑感