So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツなぞ ブログトップ

「ちょっとだけ優勢」という状態(囲碁棋士 井山裕太著『勝ちきる頭脳』幻冬舎から) [スポーツなぞ]


勝ちきる頭脳

勝ちきる頭脳




上記書籍を読了した。

当方、碁石をつかってできるのは「五目並べ」くらいである。その自分に、はたして読めるだろうかと心配しつつ読み始めたが、たのしく読むことができた。

「方尺の盤上に人生あり」という言葉は将棋の世界について言うのだろうか。碁盤は、「方尺」よりおおきいように思う。

いずれにしろ、人生を考えるうえでの参考になった。それは、囲碁棋士のソレであり、人生を勝負にたとえてのソレである。

はじめての名人戦を闘った相手(張栩チョウ ウ)についての「ちょっとだけ優勢」の記述が、興味深い。以下、長いが引用してみる。

「形勢が少しばかり良くなっても、まったく楽をさせてくれません。少しでも緩めば徐々に差を詰められ、最後には抜き去られてしまう恐怖感が常にあり、逆にリードを奪われてしまったら、そのままがっちり逃げきられてしまうという焦燥感を抱いてしまいます。一局勝つのがこんなに大変な相手はいないと言わざるをえません。

このように張栩さんはすべての面において強いのですが、特に別格だと痛感させられたのが、優勢な碁をスムーズに勝ちきる力です。この点は間違いなく「自分にはない」と思わされました。

もし僕が優勢な立場だったら、「局面はまだまだ広く、この程度のリードで明確に最後まで勝ちきるのは楽ではない」と考えてしまいます。しかし、張栩さんはそうした局面から有無を言わさず、勝ちを掴んでしまうのです。特別に厳しい手を打ってくるわけでもなく、緩んでいるわけでもなく、勝利というものに向かってまっしぐらに最短で突き進んでいく感じなのです。

碁においては本来、この「ちょっとだけ優勢」という状態が最も難しいはずで、この点についてはこの後の章で詳しくお話ししようと思いますが、張栩さんに関してだけは、この「少しだけの優勢の状況が最も難しい」という言葉が当てはまりません。わずかな優位をそのままゴールまでキープしきってしまうのです。これが「勝ちきる」ということで、真似のできない芸当だと思わされました。

だから、少しでもリードを奪われたならキツいと思いながら対戦していると、前半からかなり精神的に追い込まれたようになります。また仮にこちらの形勢が良い状況であっても、「このリードを失ったら、もう挽回できない。絶対に優勢を維持しなければ」と考えてしまうので、こちらが優勢なのに追い込まれた気持ちになってしまうのでした。

リードを奪われたら「もう駄目だ」、互角であっても「優勢にならなければ」、優勢であっても「もし逆転されたら」--こんなふうに思っていて、良い結果が出るはずもありません。それは充分に承知しているわけで「そんなことを考えてはいけない。自分の着手だけに集中しなければ」と思って碁盤に臨んでいるのに、やっぱりいつの間にか思わされてしまっている。これが張栩さんの強さなのです。 p25,26

以上の部分を読みながら、思い出したことがあった。駒川改心流剣術の名人黒田泰治鉄心斎について、孫の黒田鉄山が記していること、である。そこでは、剣術の腕前を上・中・下に分けて、それぞれがどのような稽古をするか、上位の腕前の者が下位の者と稽古をするとどのように見えるかが示されている。

もっぱら思考をめぐらす囲碁の世界と身体をもちいた剣術の世界とを一緒くたにしようというのは、無理があって、まったくの見当違いかもしれないが、すこし考えてみたく思っている。実際のところどうだろうか・・・

(以下、黒田鉄山・甲野善紀著『武術談義(壮神社 昭和63年)』「改心流竹刀稽古の特色」から引用)

祖父の稽古のつけ方は祖父一代のものではなかろうかと思います。子供と稽古をした時、厳しい指導をしながらも木刀や竹刀自体は非常に柔らかく限りなく優しいものでした。だからこそ当時中学生くらいでも1、2級になっていた方達は大人の有段者ーー中、高段者ーーと稽古しても反対に子供扱いしてしまうような稽古をつけることが出来たのだと思います。

この剣術では上位の者が下位の者の受をとるのは半日でも一日でも立っていますが、その彼がさらに上の方に掛かっていく時はすぐに参ってしまいます。祖父も修行中は目録、免許と十人もやると、尾籠な話ですが便所に座ると立てなくなったそうです。ですから、冨山の道場の便所にはちょうど頭の高さに一尺ほどの竹の棒が荒縄で吊るしてあったそうです。

また、わずか十人とはいえ目録以上の方々と稽古をした後は両手の握力が萎えてしまい、食事もご飯をおにぎりにしてもらって済ませたそうです。竹刀が滑るほど軽く持っていてもそうなるのかと私が(祖父に)聞いたところ、持っていたのではもっとひどいことになるとのことでした。

さて、このようにして中の位の稽古となりますと、いかにも拍子よく、術技も細かく、見事に打ち、品位も高く見えるようになります。無駄太刀というものが無くなって参ります。そして上の位の稽古となりますと一見、強くもなく弱くも見えず、また角ばらず速くもなく遅くもなく、見事にも打っていないようでいて、決して悪くもなく静かで正しいものをいいます。相手にかかわらず、その方よりほんのわずか上のところで使うということが出来るようになります。

私も小さい頃、祖父の稽古と先輩の稽古とを見比べた時、祖父のほうが何となくモサモサとした印象で見劣りしたのを覚えております。隣で稽古をつけている先輩のほうは確かに中の位の稽古をされておりましたので、相手の竹刀はすべて受け流し、指にすらさわらせずーー当流では鍔を使用いたしませんーー、打てばポンポーンという独特の軽い音と共に大技も小技もみなきれいに入っておりました。ところがこの先輩が祖父に掛かりますと例の如くモサモサとした感じになってしまいます。が、確かにどこにも触らせてもいないようでした。p110,111

柳生石舟斎から、葛飾北斎「富士越龍図」、そして黒田泰治鉄心斎のこと 
http://bookend.blog.so-net.ne.jp/2013-01-01


武術談義

武術談義

  • 作者: 黒田 鉄山
  • 出版社/メーカー: 壮神社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 単行本



トラックバック(0) 

キャノンボール辻谷亡くなる [スポーツなぞ]

キャノンボール辻谷が亡くなった。今日、新聞に訃報が掲載されていた。

もっとも、「キャノンボール辻谷」などと書くと、故人に対し失礼・・と感じる方もいるにちがいない。

「キャノンボール辻谷」は、当方がかってにつけた呼称である。それでも、当方のふかい敬意を付託するものであるので、ご容赦願いたい。

訃報記事には、辻谷政久(つじたにまさひさ=砲丸職人)と、職業紹介されてある。砲丸(Cannonball)職人なんだから、Cannonball辻谷でいいでしょうが・・・という思いがあっての呼称である。

当方も、かつて砲丸投げの選手であった。以前、辻谷氏の紹介記事をみて、記念にひとつ造ってもらい、部屋に飾ろうかなど思ったりしていたのである。それでも、インターハイ出場を逃す程度の選手であるので、おそれ多くて、依頼が憚られていたのである。

辻谷さんが、どれくらいおそれ多い職人だったかは、以下の説明からもわかる。

家族経営の工場で陸上競技の砲丸を製作。1996年のアトランタ五輪から2004年のアテネ五輪まで、夏季五輪の男子砲丸投げのメダリスト全員が辻谷氏の砲丸を使った。重心を球の中心に合わせる高度な技術で「世界一の砲丸職人」と称された。(日経新聞10・15)

もし、ノーベル体育クラフツマン賞などあったなら、マチガイなくメダルをもらってイイ人だと思う。

もっとも、鋳造されたメダルを持った途端、重心が狂ってらーなんて言って、放擲するかもしれない。


世界一の砲丸作り名人 辻谷政久さん(富士見市)
https://www.youtube.com/watch?v=hcqKO3Uogf4


現場で生まれた100のことば―日本の「ものづくり」を支える職人たちの心意気

現場で生まれた100のことば―日本の「ものづくり」を支える職人たちの心意気




キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ

キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ

  • アーティスト: キャノンボール・アダレイ,ジョン・コルトレーン,ウィントン・ケリー,ポール・チェンバース,ジミー・コブ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/04/23
  • メディア: CD



トラックバック(0) 

ふたたび「白鵬」のこと(「日経新聞」記事から) [スポーツなぞ]

当該ブログ3/25の更新で、白鵬について記したが、さらにスポーツトレーナー内藤堅志氏のインタビュー部分を引用してみる。

***********

*著書「白鵬のメンタル」では、「最初から心が強かったわけではない」と指摘しています。

「大関とりや綱とりに挑んでいたころは『眠れない』『心臓が痛い』とよく口にしていた。負けた翌日には必ず『腰が痛い』などと言う。不安や恐怖を人並み以上に感じており、当然、悩みも数多く抱えている」

「弱音や悩みを周囲に素直に打ち明けられるのが白鵬の強みだ。数々の試練や重圧を人からの助言を真摯に聞くことで乗り越えてきた。『人の話には絶対にヒントがある』と考えている。優れているのは周囲の助言を生かしながら目の前の現実に対処する力だ」

*どんな助言を生かしてきたでしょうか。

「横綱に昇進した直後に故・大鵬親方から『横綱は負けたら即、引退。横綱になった時から引き際を常に考えていた』と聞き、地位の重みを再認識した。綱の重責をまっとうする覚悟が固まったという。大鵬親方に薫陶を受けたことが、大横綱になる出発点となったはずだ」

「交流のある歌手の松山千春さんに『運という字は軍が走ると書く。だから、戦わないと運はこない』と聞き、運を引き寄せるには入念な準備が大切と改めて感じた。人の話を自分の肥やしにしている」

*内藤さんの話にも耳を傾けていますね。

「アスリートのけがの原因は準備不足にあるという海外の論文を白鵬に紹介したことがある。疲れているときや忙しいときは準備運動を省いてしまいがちだが、それがけがにつながる。『どんなときでも準備運動の時間だけは必ず確保するように』と言っている。だから、横綱は入念な準備運動だけは欠かさず、けがが少ない」

*昔の大横綱などからも学ぼうとしていますね。

「双葉山に興味を持ったのは、後援者から『君は双葉山に似ている』と言われたのがきっかけ。すぐにDVDをみて『この人、戦う前の顔じゃない』と感じた。勝ちたいとはやる気持ちが顔に全く出ていない。そこに双葉山の強さを感じ取り、その境地に近づこうと考えるようになった」

*優勝回数を重ねるほかに目指しているものはあるのでしょうか。

「2002年に白鵬と初めて会ったときに目標を聞いたら『父を超えること』と言った。この目標は達成されていない。父ムンフバト氏はモンゴル相撲の大横綱であり、息子を大相撲の横綱に育てた。白鵬は力士としては傑出した結果を残したが、まだ親や指導者として横綱を育ててはいない。自分の後継者を育ててこそ、目標を達成できる」

(聞き手は田村修吾)

以上「日経新聞(1/11p27)」からの引用


双葉山定次―相撲求道録 (人間の記録 (95))

双葉山定次―相撲求道録 (人間の記録 (95))




横綱の品格―常陸山と大相撲の隆盛

横綱の品格―常陸山と大相撲の隆盛

  • 作者: 風見 明
  • 出版社/メーカー: 雄山閣
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 

兄弟子、白鵬の強さの秘密について語る [スポーツなぞ]

昨日につづいて「白鵬」のことを記す。

「日経新聞(1/11p27)に

前人未到33回目Vなるか 
別格の足腰・柔軟な体 天性

と、題する、元兄弟子の西岩親方へのインタビュー記事が出ていた。

(以下、引用)

**********

兄弟子として、白鵬の素質を早くから見抜いていました。

「横綱が幕下だったころから『大成するのは間違いない』と感じていた。当時から足腰の強さが別格だった。あれほどひざを曲げ続けたまま相撲が取れる力士はいない。だから腰高にならない。入門前に相撲経験がなかったのに、最初からできていた。天性だと思う」

「昔は両足がそろう(平行になる)癖があった。普通、それでは相撲を取れない。足を前後にしないと相手を押し込めない。でも、両足がそろっても押せるし、土俵を割らない。前にも落ちない。下半身が強い証しだ。僕からしたら、あれは信じられないことだった」

体の柔らかさも天性のものでしょうか。

「早い段階から感じていた。ゴムを押しているような感覚で、力を吸収するというか、押しても力が十分に伝わらない。柔らかいから、昔から大きなけがも少なかった」

「ほかにも相撲向きの体だと感じる点が多くあった。まず、ひざの皿が普通の人よりも一回りも二回りも大きい。あの太いひざが下半身の強さの源だろう。対照的に足首は細い方がいい。実際、あらゆるスポーツでトップ選手は足首が細い傾向にある」

入門後に身につけた技術は何ですか。

「技術で教えたことはほとんどない。僕らの稽古を食い入るようにみていた。何かを盗もうという目で、あの目つきはいまだに忘れられない。だから、教えていないことが本場所でできていた。稽古場で全くやっていなかった突っ張りを本場所で使っていたのを見た時は本当に驚いた」

「『土俵は回り込めば無限大』と教えたら、俵を回り込みながら下手投げを打っている私の相撲をビデオで何度もみていた。過去の名力士の相撲はほとんどDVDなどで目を通しているし、人一倍、研究熱心だ」

体格もぐんぐんと大きくなりました。

「来日時は60㌔台で、初対面の時に『細すぎて力士にさせるのはかわいそう』と思ったほど。それが、十両昇進の前後は、朝起きたら昨日よりも大きくなったことがはっきり分かるぐらい急速に成長した」

宮城野部屋の環境もよかったのでしょうか

「同じモンゴル出身で2歳年上の龍皇という兄弟子がいた。入門までお互いを知らなかったが、同じ3月11日生まれで実家が100㍍くらいしか離れていなかった。共通点の多い龍皇の存在が、異国での生活の支えになったはず。稽古で白鵬に勝てなくなった龍皇が悔しさで部屋の羽目板を殴って壊したこともあった。でも、激しい稽古を終えるといつも一緒に遊びに出かけ、励ましあっていた。横綱は人との縁にも恵まれていた」

(聞き手は田村城)

************

白鵬の四股
https://www.youtube.com/watch?v=5UNANsMxZVg

当方、これまで、高岡英夫の身体・運動理論から、多大の啓発をうけてきた。白鵬の歩く姿をみるときに、「脚部をまるで重い荷物のようにぶら下げて歩っている」という印象をもつ。高岡から教えられた視点から見ると、そのように見える。

脚(あし)を振り出すために、多くの人は大腿前部の筋肉を利用するが、よりパフォーマンスを高い運動をするためには、大腰筋や腸骨筋といったインナーマッスルを使うことを高岡は勧めている。それらの筋肉の付着部は、胸椎の下部にあたり、そこから吊る(ぶら下げる)ようにしての足を振り出すと、相手にその動きを察知されることなく、しかもスムーズな(淀みのない)運動ができる。

白鵬について、高岡が直接言及しているかどうか、(最新の著作は見ていないので)知らないが、高岡もそのように評価するのではないかと思う。

詳しくは、以下の本に詳しいので、興味のある方はどうぞ。


究極の身体 (講談社+α文庫)

究極の身体 (講談社+α文庫)




センター・体軸・正中線―自分の中の天才を呼びさます

センター・体軸・正中線―自分の中の天才を呼びさます

  • 作者: 高岡 英夫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本



丹田・肚・スタマック―自分の中の天才を呼びさます

丹田・肚・スタマック―自分の中の天才を呼びさます

  • 作者: 高岡 英夫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本



上丹田・中丹田・下丹田―自分の中の天才を呼びさます

上丹田・中丹田・下丹田―自分の中の天才を呼びさます

  • 作者: 高岡 英夫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 
スポーツなぞ ブログトップ